Without Borders exhibition / Wales Elysium gallery

202107.17 〜 2021.08.20
イギリス(🇬🇧)Wales @ Elysium gallery
Without Borders exhibition に参加させていただきました。
2枚のdrawingを出品しています。

(さまざまな国のアーティストが紙の作品をつくり、それを集めて各地で展示し、最後は一冊のアート本にして保管する企画)


Without Borders exhibition

このプロジェクトが目指すのは、世界中のアーティストとコミュニティを繋ぐことです。
壁を無くしたり、友情及び同盟を結んだり、隣の誰かと繋がったりすることを目的とした Without Borders。世界中のアーティストを集め、それぞれが紙のページに作る作品は一つの展示となり国を跨 いで巡回します。作品はそれぞれ切り込みのある棚に差し込まれ、自立するように展示されます。
巡回は Elysium Gallery から始まり、終了後にそれぞれのページは一冊の本にまとめられ、次のギャラリーに送られます。次の会場で本は再び分解、展示され、再び一冊にまとめられた後にまた次の展示会場へ移動します。またこのプロジェクトは電子カタログを通してインターネット上でもアクセスが 可能です。
全ての巡回が終了した後に、全ての作品は他に類のないアート本として正式に製本され、特別な文書室 に保管されます。

【このプロジェクトについて】

Elysium ギャラリーのディレクター ジョナサン・パウエルと、1SSUE アート本の共同編集者 ヘザ ー・パーネルによりキュレーティングされるこのプロジェクトは、創造の多様性、そして参加アーティストの作品の民主的な表現をポータブルでアクセスしやすい形式で人々に届けます。全て同じ大きさの ページで構成されるアート本は、作品に対し容器としての役割を果たすことで、”Borders” 、すなわ ち「境界」という概念を探究します。「Borders(境界)」は文字通りあるいは目に見えない線で、つまり分断や隔たり、限定の線を表現しています。「Without Borders(境界線の無さ)」は今の世界状況において特に喚起的なコンセプト と言えるでしょう。速度を増し続ける反動的な政治は、国と国との隔たりを大きくも小さくもします。 また広がりを見せる富裕層と貧困層の隔たりと物理的、地理的そして社会的な壁は、脆く儚い生と死の 境界と共に、このパンデミックによってこれまで以上に浮き彫りになってきています。

【1SSUE アート本について】

:2002年、ウェールズの首都カーディフでリチャード・コックスの編集のも と始まり、現在はリチャード・コックス、ヘザー・パーネル、ヒラリー・ワグスタフ、フィル・ミード が共同編集。非常に充実したアーティストのコラボレーションである各 1SSUE は、一般的な本作りの固 定概念に収まらない独創的で実験的、そして遊び心溢れるページの集まり。これまで100人以上のアー ティストが 1SSUE に参加しています。
1SSUE のホームページ: https://1ssue-project.tumblr.com/https://vimeo.com/333201633

【Elysium Gallery(エリジアム・ギャラリー)について】

:2007年ウェールズのスウォンジーにて設立 し、現代美術画廊、劇場、アーティストスタジオを提供。若手ベテランを問わず多くのアーティストに 対し積極的にサポートすると共に、全てのクリエイティブな活動の実験と自由、見解を推奨する環境を 構築し、ビジュアルアートと舞台芸術への参加を奨励しています。
Elysium のホームページ: www.elysiumgallery.com


Without Borders exhibition
巡回展 (next exhibition)
京都 アートスポットコーリン
2021年11月 30 – 12月 12日
Art Spot Korin, Kyoto. (2 weeks)

#elysiumgallery
#withoutborders
#Wales
#exhibition
#bookprojects

【 matsuchiyokan 】瀬戸市 Artwalkホウボウ2021

@瀬戸市 Artwarkホウボウ2021
2021年 6月5日~13日
末広通り商店街 旧旅館松千代館1階
現地制作インスタレーション作品を展示しました。

【作品名】
・星になった虫たち
・drawings- Somethings
・drawings- 涅槃
・drawings-weed
・13匹の羽虫
・舟を編んだ
・海の映像 他



【星になった虫たち】Bugs is gone and became a star in the sky.
( EVAresin , polyester , wire , light )
【虫たち】the bugs
(EVAresin)


【 drawing – Something (何か)】( paper , pencil )28/28
【 drawing – Nirvana (涅槃)】( paper , charcoal )4/4
【 drawing – weed (草)】( Japanese paper , pencil , Acrylic paint )他

ドローイングは、身体感覚に集中して委ねる感じに線を引いている。そこには無意識が表出する。パターンも表出する。オートマティスムの状態から、一体何を描きつけようとしているのか。うまくいったと感じるものと、そうでないものの違いは何かを、探っている。
ただの線による形は、後から見たときに結果的にこう見える、というのは言えるのかもしれない。
壁のシミに人影を見出すように、意味をつけようとしてみる。そういう something な drawing 達。


【13匹の羽虫】13 Feather bugs
( wire , EVAresin , Lacquer paint )


【舟を編んだ。】Knitted a boat.
( wire , light )


【海の映像】 Sea image
( video , mirror , cloth , sound )
この世とあの世の境目には、なぜ川が流れているのだろう。水を喚起させる映像を、下の鏡で反射させることで、空間全体の奥行きをつくった。この布の向こう側には、古い木箱が安置されている。


旧旅館 松千代館
2021年7月から改装工事が入り、新しくコミュニティスペース、大学生達のシェアハウスとして生まれかわります。改装前の貴重な機会に場所を使わせていただきまして、ありがとうございました。

Kasadera 笠寺観音亀池展示-2021年2月

2021/1/30~2月末

愛知県名古屋市笠寺観音亀池にて、現地制作で展示をしました。


展示と制作の様子


◆ 場を浄化するような意図を持って何かを行おうとした時、それは地面を歩き回り、枯草を結び、小屋のようなものを作り、最後には棒を振るうという行為となった。

場所と関わり、何かしかをするということを通して、結果的にできた空間は、投じられた時間や意識などの密度による濃さで、良くも悪くも、定着したりしなかったりすると思った。
場を去る時、2羽の鳩が来て、葉っぱを落としたので拾って持ち帰った。


【 Hidden Exhibition – 脈 pulse - 】Butoh × Art

無観客で開催される儀式のような展覧会。

A ritual-like exhibition without an audience.

2021/2/28
・・・
 協力
 BUTOH(舞踏)   tiny   ,You
 MUSIC (笛)  otonohito Yu-na
 AMC   Art and Mind Center

場所: Art and Mind Center     愛知県

・・・
・インスタライブ(You)
・Facebook中継(tiny)
・(記録映像 編集中)


【概要】

古いものがたくさんあった空間を整える。
そこに、今を生きる舞踏にまつわる者が入り、踊る。
過去を含めた大地に新芽が根を張るように
空間全体に祈りの気配を行き届かせる。
そうして場を作り、儀式のように舞踏を行うことで、時を超えた繋がりの意識をつくる。

今、過去、これからの先へ。
思いを馳せるための 展覧会。

開催の場所AMCは、かつてここで活動した美術家水谷勇夫の絵画教室「なごや絵学校 実験工房」が前身である。過去には水谷と交流のあった画家や詩人、舞踏や演劇で活躍した土方巽、大野一雄、唐十郎、麿赤兒など名のあるアーティストが集ったゆかりの場でもある。
ここに縁を持ち、機会を得た者として、この空間に対峙し、かつてに思いを馳せ、この先へ向かう紡がれてゆく場を想像する。

「場」を出現させる試み。

©︎篠田ゆき

・・・協力
BUTOH(舞踏)   tiny   ,You
MUSIC (音)  otonohito Yu-na
AMC   Art and Mind Center

【tiny(Yuta Uno)】
https://www.facebook.com/yuta.uno.56

【You(You Makino)】
https://www.instagram.com/you_butoh/

【otonohito Yu-na】
https://profile.ameba.jp/ameba/taikohue-yuna

その他 記録映像編集中

田んぼ×公開制作 篠田ゆき

いなフェス2020 @岐阜県各務原市 @手力雄神社 @田んぼ
期間:2020年11月22日〜29日

7日間、田んぼで公開制作を行いました。



▶︎ いなフェス2020最終日 11月29日夜 ファイヤーセレモニー中継動画

【 THE FUNCTIONS 】

2020.04~2020.06の期間展示。【 THE FUNCTIONS 】
愛知県名古屋市内のマンションエントランスでの展示。


2020.04 Exhibition of condominium entrance in Nagoya city

it come

12個のドローイング。(紙、ペンインク)

2019.06.05 12 pieces drawings(paper,pen ink)

March’s

object 【March’s】

イナイナイアート@茅野市民館 共用スペース 
主催:茅野市文化芸術推進事業実行委員会
2020.03.12 ~03.22

ポリエステルワタと針金の作品。


共用スペース、通称たまごトイレの上に設置してもらいました。
展示担当様、関係者様、ご協力ありがとうございました。

2020.03.12 ~03.22
イナイナイアート@茅野市民館 共用スペース 
主催:茅野市文化芸術推進事業実行委員会

Scattered Labels

【 Scattered labels 】 散らばったラベル達

@セントラルアートギャラリー
KAMISEVEN2019 公募 2019/12/17〜21

(パネル、石膏、スチールウール、ガラス、鉛筆)

インスタレーション作品。石膏と錆とガラス等。
壁のものは、パネルの裏や、皿またはグラスを溶かし変形したものに石膏を流し、鉄粉で錆を発生させた作品。
床の器の中には、制作時に出た石膏の破片が入っていて、作品をつくるときに、思い浮かんだが形にはならなかった言葉が書いてある。



ステイトメント

水のように受動的に形を変えるものに興味がある。
意志よりも無意識からくる働きが何をみせてくるのか。
積極的受身の姿勢で縁あるものを追いかけていくとき、
その痕跡が形を描き、意識がラベルを貼ろうとする。
その間際を触りたい。

2019.12.17 篠田 ゆき


審査員賞 受賞。