【 around F ground 】瀬戸市

@ 瀬戸市商店街企画 Artwarkホウボウ2019
2019年 10月5日~14日 末広通り商店街ロマン中央跡

現地制作インスタレーション作品。
たくさんの情報が入ってくるために、取捨選択がままならない。混在する。すべてを形にしようとして探り出した結果、つくられた空間。
【 around F ground 】のFとは、Forbidden または Freedom のFを指す。両方の意味を込めて。

瀬戸市末広通り商店街 ロマン中央跡
【 around F ground 】壁
石膏とスチールウールを使用し錆を発生させた造形と、古い壁の染み。立体ドローイングを試みた作品。

この錆は今も進行している。風雨によって、または自重によって、崩壊に向かっていく様子は、少しこの世界と似ている気がする。
作品は、やがて朽ちて粉になり地面に帰るだろう。そのとき、この種は芽吹くのか? どのような風景になるかを空想する。
(エノコログサ/ねこじゃらしは、瀬戸市商店街近隣で採取しました。)

※ この壁の石膏作品は、商店街実行委員会さんのご協力を得て、会期後もしばらく展示させてもらえることになりました。見守りたいと思います。


【 around F ground 】そのほかの場所

また、あいちトリエンナーレ2019 開催期間中の展示ということもあり、表現の不自由展中止という事件には大きく影響を受けています。( 話題になった少女像の作品について、本来の名前と違う呼称で扱われていることに違和感を感じます。戦時中の人権問題である性暴力被害者という難しいテーマを扱い、それを作品にするということは、勇気のいることで、丁寧に昇華すべく対話していく作業が問われるのだなと思いました。)
今回の件で、アートに携わるものとして、平和と人権と芸術を大切にしていきたいものとして、歴史や政治についても深く学んで、自身はどうありたいのか、文脈を知り、自分なりの視座を持っておく必要を強く感じました。

そして、表現の不自由について、アーティストとしての自分で何ができるかを考えた結果、違う素材のひも2本をあやつなぎという結び方でつなぎ合わせるという作業を、来場者に声をかけて一緒に行う実験的ワークショップを実施しました。
これについては、改善の余地多大にありで、今後の実施について検討していきたいと思います。

掲げてあったステイトメント
///////////

【 Freedom of expression is important 】
表現の自由について 考えたこと。

私たちは、話し合える。
私とあなたは、それぞれ違う存在ではあるけれども、
同じ言葉を使い、似たような文化ベースを持ち、今この時代を生きている。
たとえ考え方や信念が違っても、全く合い入れることができないとしても、
もし平和の可能性を信じるなら、対話し、お互いの「前提の違い」を明確に持ち、
(自分と相手が違うところをよく見て)、自分が大事にしたいことと、
相手が大事にしていることを、線引きして尊重し合うことはできるのではないか。

対話とは、思考や感情を使って想像し考え、そして、それを相手と確認していく作業。

想像して、見えないこともあるし、誤解していることもある、
全く同意できないことも、自分でもよくわからないことも、
それで心がざわつくなら、少しの間、よく見てみようと思う。
何が嫌で、何を信じていて、どうしたかったのか。
その話をしようと思う。

///////////
2019.10.7
篠田ゆき
Yuki Shinoda


SPECIAL THANKS

Artwarkホウボウ2019 実行委員会の皆さま ありがとうございました!

About the author: sino